モデルナ製のワクチンを接種した後に心筋炎などの症状が報告されていることを受け、厚生労働省の専門家部会は若い男性の2回目の接種をファイザー製に切り替えることができるようにしました。

モデルナ製のワクチンは接種した後に心臓の筋肉に炎症が起きる心筋炎や心膜炎が疑われる事例が若い男性を中心に、ごくまれに報告されています。

こうした事例はファイザー製のワクチンよりも多い傾向にあり、海外では接種を控える動きも出ています。

厚生労働省の専門家部会は10代と20代の男性のうち、1回目でモデルナ製のワクチンを接種した人も2回目はファイザー製に切り替えることができるようにしました。

一方で、厚労省は10代と20代の男性にファイザー製を推奨することも検討していましたが、専門家部会ではモデルナ製の接種控えが起きる懸念があるとの指摘が出ました。

これを受けて厚労省は「推奨」という表現は使わずに心筋炎などの危険性を示したうえで、接種する人がモデルナ製とファイザー製を選択できるよう周知することにしました。
テレ朝news
2回目接種をファイザーに切り替え可能に 厚労省 (msn.com)