2021年08月

AANW2rt
「あやしいひとがあらわれた! あかずきんはどうする?」。童話の「赤ずきん」をモチーフに、不審者に遭遇した時の正しい行動をロールプレイングゲーム風に紹介する動画を、福岡市の福岡工大付属城東高校の生徒が制作した。性犯罪の防止を目指している。

同校の城東映像クリエーター部の部員8人が手がけた。赤ずきんが、オオカミに見立てた不審者に遭遇する1分余りのストーリー。「たたかう」「ぼうぎょ」「にげる」の三つの選択肢が現れ、正しい「にげる」が選ばれると、「あかずきんは、2mいじょうきょりをとった」と具体的な行動も示される。

その後登場する「きこり」は、赤ずきんがオオカミと遭遇している場面を目撃。「アイテム」を選ぶと、きこりは四つのアイテムの中から「でんしょばと」を選び、助けを呼ぶ。110番通報を例えた表現で、緊急時には電話で助けを求めることの重要性を訴えている。

部員たちは福岡県警東署からの依頼を受け、4月から制作を開始。「若い世代にも分かりやすく親しみがもてるように」と、童話をモチーフにゲーム風の動画にすることにした。

週末には部員の家に集まり、2週間かけて紙粘土で人形をつくった。動画はコマ撮りで約150枚の画像を使用。人形は手と胴体をつまようじでつないで可動式にし、場面ごとに登場キャラクターの表情を変えられるよう取り外しのできるシールをつけた。

「2メートル以上の距離を取る」といった知識は、東署で学んだ護身術から採り入れた。撮り直しを何度も重ね、7月末に完成させた。

動画は福岡県警のYouTube(ユーチューブ)チャンネル(https://youtu.be/CF0Ic_vSFSk)で公開中。

3年の冷川静流(しずる)さんは「若い世代にたくさんみてもらって、実際に不審者に遭遇したときも正しい選択をしてもらえたら」と話した。(古畑航希)
朝日新聞デジタル
性犯罪、赤ずきんがRPG風に解決 高校生が防犯動画 (msn.com)

Full-Count編集部
日ハム、中田翔の暴力&説明なきトレードに「深くお詫び」 球団HPで社長が謝罪(Full-Count) - Yahoo!ニュース

20210831-00000066-mai-000-1-view
消費者庁は31日、電気ケトルが倒れても湯がこぼれないかのように宣伝したのは、景品表示法違反(優良誤認)にあたるとして、販売したタイガー魔法瓶(大阪府門真市)に措置命令を出した。同庁は「実際には湯がこぼれる場合があった」としている。 同庁や公正取引委員会によると、違反を指摘されたケトルは「PCK―A080」。同社はテレビコマーシャルで「もしものとき、熱湯がこぼれないように、設計しています」などと説明。ケトルをソファの上で倒し、中身の液体がこぼれない様子を宣伝していた。 調査に対して、同社は、倒れれば中身の液体がこぼれることを把握していたと回答。コマーシャルの撮影時にケトルに液体は入っていなかったという。 同社によると、ケトルは、2019年6月以降、累計10万個弱が出荷された。同社は毎日新聞の取材に「措置命令を真摯(しんし)に受け止め、今後、このようなことがないように改善します。液体を入れないのは演出だったが、不適切でした」とコメントした。
【稲垣淳】
毎日新聞
タイガー魔法瓶に措置命令 ケトル倒れても湯「こぼれない」と宣伝(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

d38645-93-715ff5edefbbdf0e2bf6-1
『あずきバー』をはじめとする菓子メーカーの井村屋は、アイスクリームの新商品「ごろろん果肉 アップルパイバー」を9月6日から期間限定で発売する。

【画像】断面はほぼアップルパイ?果肉がゴロゴロ入ったアップルパイバー商品画像

本商品は、アップルパイの特徴である、りんごのシャキシャキとした食感を片手で楽しめるバーアイス。りんご果肉・パイ生地入りのりんごソースをカスタードアイスで包み、表面に透けるほどりんごソースがたっぷりと詰まっている。

りんごソースには、りんご果肉、国産りんごピューレ、シナモン、パイ生地を配合し、アップルパイの味わいを表現。ソースの約3分の1がりんご果肉となっており、シャキシャキ食感が楽しめる。また、カスタードアイスには北海道産の生クリームと卵黄を配合し、甘酸っぱいりんごソースとの相性が良い、濃厚な味わいに仕上がっている。
ORICON NEWS
あずきの井村屋が新アイス「アップルパイバー」発売 パイ生地とりんご果肉で食感を再現 - ライブドアニュース (livedoor.com)

d_14362566
日本代表は31日、W杯カタール大会アジア最終予選の初戦となるオマーン戦(9月2日、大阪・パナソニックスタジアム吹田)に向けて大阪府内で合宿2日目を行った。練習の冒頭15分を公開したが、招集24選手のうちDF冨安健洋(ボローニャ)、MF守田英正(サンタクララ)が不在。日本協会の反町康治技術委員長が2選手が合流できておらず、オマーン戦に出場しないことを明言した。

反町委員長は未合流の2選手について次のように説明。冨安は移籍に備えて合流を回避。守田は29日の試合に出場したことで移動時間の関係で、日本政府と協会が取り決めていた試合3日前の入国に間に合わなかった。両選手は7日の中国戦が行われるドーハでチームに合流する予定。

冨安は移籍期限が迫っているため、メディカルチェックに備えて参加を回避したという。国際Aマッチデーのため、所属クラブは招集に応じる義務があるが、反町委員長は「今後の日本サッカーにとっても本人にとっても大事。この試合は目をつむるしかない。こちらがイエスと言わざるを得ない」と説明した。

最終予選初戦は2選手を欠いて臨むことになる。この先、負傷者やコロナの影響などが出ない限りは追加招集の予定は現時点ではない。オマーン戦は22人で勝利を目指す。
デイリースポーツ
日本代表 DF冨安&MF守田がオマーン戦欠場へ「試合3日前入国」間に合わず (msn.com)

このページのトップヘ