女優


「大人になりました」高級すし店でマネジャーから激怒された過去

1 フォーエバー ★ :2022/01/21(金) 18:01:23.15

女優、佐々木希(33)が20日放送のテレビ東京系「ナゼそこ? 3時間半SP」(後6・25~)に出演。高級寿司店での苦い経験を振り返った。同番組は「ナゼそこ?」と思うような場所に住む人物の人生ドラマや身近な謎などを調査し、紹介していくドキュメンタリー。VTRで秘境で暮らす人物の料理が取り上げられると、スタジオの佐々木はデビュー時にマネジャーに連れて行ってもらった高級すし店での出来事を語り出した。
「デビュー当時にマネジャーさんにおすしを連れてっていただいて。大将が『このすしは塩で』って言ったんですけど、私は塩でおすしを食べたことがなくて。しょうゆで食べたかったんですよ、どうしても。(塩と)言われたのにしょうゆをぺちゃっとつけてしまって、ものすごい怒られました」と明かした。佐々木を怒った人物は大将ではなく、マネジャーだったという。「大将は完全に怒ってたと思うんですけど、何も言わずに。でもマネジャーさんがそれを察して『なんであんた! 塩で食べなさいよ!』って。今はもう塩でいただいてます。学びました、大人になりました」と苦笑いで振り返っていた。
サンケイスポーツ
https://news.livedoor.com/article/detail/21547038/

(出典 i.imgur.com)


【【芸能】佐々木希「大人になりました」高級すし店でマネジャーから激怒された過去】の続きを読む


酒井法子 公式サイトやSNSを一斉削除 ネットでトラブル心配する声も背景は…

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/22(土) 12:17:34.94

 歌手で女優の酒井法子(50)が22日、自身の公式サイトやYouTube、インスタグラムやツイッターを一斉に削除した。予告がなかったため、ネット上は理由をめぐってプライベートでのトラブルを心配する声などさまざまな憶測がなされた。
 関係者によると「新たに自身の事務所を立ち上げたことによる出直し」という。昨年5月に「オフィスニグンニイバ」を独立し、個人でYouTube動画での発信や、歌手、女優としての活動を行ってきたが、一層活動を活発化するため、この日までに「株式会社スマイル」という事務所を設立。同社のツイッターも開設された。
 事務所設立に伴い、スタッフも入れ替えて仕切り直すという。

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/7c95e16e27f113d01c36a44c0ee572ca7fa0c3b1


【【芸能】酒井法子、公式サイトやSNSを一斉削除 ネットでトラブル心配する声も背景は】の続きを読む


年内パリ移住に向け本格始動!昨年末に子供3人連れて下見旅行

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/18(火) 06:13:24.10

「杏さんが、2021年の年末に、ひそかにパリへ旅行に行っていたんです」(ファッション誌関係者)
かねて“フランス語を猛勉強中”などと、“フランス移住”を公言してきた杏(35)。
2020年夏に離婚が成立した元夫の東出昌大(33)は、所属事務所を今年1月末をもって“事実上のクビ”になることが報じられ、踏んだり蹴ったりの苦しい立場に置かれている。
その一方で、杏はここにきて“長年の夢”に向けた動きを本格化させているというのだ――。
「11月下旬から12月上旬にかけて、お子さん3人を連れての“移住先の下見”だったそうです。
12月中旬に、レギュラーを務める『世界遺産』(TBS系)のナレーション収録があったのですが、帰国後の隔離期間中だったため、リモートワークの形式で行ったと聞きました」(芸能プロ関係者)
欧州でオミクロン株が猛威を振るい始めた昨年末に“下見”を強行したのには、上の双子が就学年齢に差しかかり、いよいよ準備を進めなくてはならない事情があったからだという。
「双子は今年5月で6歳。フランスの子供たちは、6歳になる年に小学校に入学します。あちらの新学期は9月ですから、それまでに移住するにしても、あと半年ほどで現地での生活を始めなければなりません。間に合うように準備を進めているそうです」(杏の知人)
とはいえ、シングルマザーの杏が、ワンオペで3人の子供をフランスで育てることはハードルが高そうなものだが――。
「19歳のときに、モデルとしてパリ・コレクションに出演して以来、パリには杏さんの友人が多く住んでいます。育児面でのサポートが受けやすいように、環境をすでに整えています」(前出・知人)
仕事面でも支障はないという。
「フランスに移住しても、『世界遺産』のナレーション収録は現地からできるので、今後もレギュラーとして続けられます。昨年11月に開設したYouTubeチャンネルも日本にいなくてもできますし、順調に登録者数と総再生回数を増やしています。
今年の夏までにドラマが一本決まっているそうですが、それを最後にフランスに向かうようです。移住しても、必要に応じて日本に戻る形を取ればいいだけですからね」(テレビ局関係者)
10代のころから、パリでの生活に憧れ続けた杏。子供とともに、夢の実現にまた一歩近づいていた。

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
女性自身
https://news.yahoo.co.jp/articles/9520ab31007db8fcd62fda1788146e5664c6b79b





【【芸能】杏、年内パリ移住に向け本格始動!昨年末に子供3人連れて下見旅行】の続きを読む


財前直見、大分移住生活15年!3600坪の畑と山の農作業で芽生えた「もったいない精神」

1 フォーエバー ★ :2022/01/15(土) 10:30:50.26

 若いころから、ドラマ『お水の花道』や『スチュワーデス刑事』など、数々のヒット作に出演してきた女優の財前直見さん(56)。
【写真】大分で家族とともに農作業に励む財前さん
妊娠きっかけに移住
 2007年に東京での生活を引き払い、実家のある大分で父と母、生まれて間もない息子と暮らし始めた。昨年末には、大分での暮らしや食をまとめた『直見工房』(宝島社刊)も出版。移住のきっかけや田舎での生活について伺った。
「40歳で子どもを授かったときに、この子の前では女優ではなく、1人の人間でいたい。そう考えたのが始まりでした」
 移住とともに、仕事を休み、最初の3年間は育児に専念。そこに迷いや後悔はなかったという。
「豊かな自然環境の中で、子育てができたのは幸せでした。子どもも、都会で2人で生活するよりも、祖父母や小さいときから知っているご近所さんとの付き合いの中で、いろいろな人の視線や愛情を感じて育ったのではないかと思います」
“もったいない精神”が生まれた
 大分では80歳を越える父親が、広大な畑や山でさまざまな農作物を作っている。高齢になる親を支えたいという気持ちも地元に戻ろうと思った理由のひとつだ。
「農作業は父の趣味でもあるんですけど、1800坪の畑と1800坪の山で、タケノコに、きゅうり、玉ねぎ、かぼす、しいたけ、大根、ほうれん草、里芋……と季節によってさまざまな作物が採れます。
 私は収穫を手伝うくらいですが、収穫したらなるべく早く新鮮なうちに食べきるようにします」
 季節のものをその季節に収穫して食べる、という人間の自然な行為を通して、自然のありがたみや、“もったいない精神”が芽生えたという。
 1度に大量に採れる野菜や果物を最後までおいしく食べきる秘訣はあるのだろうか。
「うちの母は料理が大得意なので、2人でどんどん調理してその日のごはんにしたり、加工食や保存食にしたりします。
 冬は中庭が冷蔵庫代わりになるので、今の季節は白菜や大根は1度干してから漬物やキムチにして長く楽しんでいます」
https://news.yahoo.co.jp/articles/c8b0a5a85ccffe7b15c66e81991b1f58344d5cd8?page=1

(出典 i.imgur.com)


【【芸能】財前直見、大分移住生活15年!3600坪の畑と山の農作業で芽生えた「もったいない精神」】の続きを読む


嘉門洋子が振り返る〝失われた20年〟 ヤクザの愛人説、薬物パーティー報道が飛び出したワケ
1 朝一から閉店までφ ★ :2022/01/14(金) 22:50:12.11

【家田荘子の駆け込み寺】あなたの話をお聞かせください――。作家で僧侶の家田荘子氏が気になる人物に迫る「駆け込み寺」対談編。話すことで自身を見つめ直し、人生の学びを見いだす。
今回のゲストは女優の嘉門洋子(41)。1990年代後半にグラビアアイドルとして注目を集め、バラエティー番組などに出演。しかし人気絶頂時に薬物パーティー参加疑惑を報じられ暗転。ネットの噂に翻弄され、失われた20年について嘉門が語った〝真実〟とは――。前後編でお届けする。
 家田 グラビアアイドルとして大活躍した。
 嘉門 言い過ぎですけど、うれしいです。
 家田 芸能人の方からもアプローチがあった?
 嘉門 本当になくて。後で聞かれると思うんですけどヤクザの愛人だと思われてたんで、きっとみんな怖くて口説いてこなかったです(笑い)。
 家田 ネットに書かれている噂について聞きたいのですが、よろしいですか。薬物パーティーに参加したと…(2000年10月、女優・三田佳子の次男である高橋祐也氏が自宅地下室で覚醒剤パーティーを行っていたことが発覚。このパーティーにグラビアアイドル数人が参加していたという疑惑が報道された)
 嘉門 全く事実ではないです。グラビアの友達と焼き肉を食べに行って終電がなくなって、「大きい家が近くにあって、そこに朝までいられるよ」って言われて。
そこが三田さんのお宅だってことを本当に知らなくて、しばらくしてから報道されて「えっ、あの家」って感じでした。やってはないんですけどそこに行ったことが問題。10代だったんですけど、自分の行動を考えるべきだったなって思います。
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3926159/


【【芸能】嘉門洋子が振り返る〝失われた20年〟 ヤクザの愛人説、薬物パーティー報道が飛び出したワケ】の続きを読む

このページのトップヘ