ワクチン

img_b0e60d550676db1cf12913d3b63c1b5384928

ワクチン未接種者の希望増える

1 影のたけし軍団 ★ :2022/01/22(土) 21:46:41.16

山陰両県で新型コロナウイルス感染の「第6波」が猛威を振るう中、両県で約20%いるワクチンを一度も打っていない人の接種希望が増えている。
年明けからの急拡大で不安の高まりが背景にあるとみられる。
高齢者の3回目接種へ向けた準備を進める自治体も、未接種者の利便性確保へ工夫を凝らす。
鳥取県が22日、接種1、2回目の人を対象に米子市内で開いた「県営ワクチン接種センター」。接種者193人のうち91人が1回目だった。
接種を見送っていた市内の会社員女性(47)は、就職活動中の20代の娘と訪れ「オミクロンがはやりだし、さすがに周りに未接種だとは言いづらくなった。
娘のこともありいい機会」と話した。
15日の鳥取市会場は173人中101人、16日の倉吉市会場は77人中51人が未接種者。
未接種者の数は12月の会場と比べ鳥取が32人、倉吉が24人増えた。
1回目に限っては、予約なしでも受け付けるのが特徴で、15日の鳥取市会場では、101人中45人が飛び入りだった。
必要数を予測してワクチンを準備するため、余ったら廃棄するリスクはあるが、利便性を高め、県内の1回目接種率77・4%(17日時点)を引き上げる考え。
県接種推進チームの秋山歩係長は「今後も未接種者を対象に、東中西部で月1回のペースで設けたい。地道にやるしかない」と話す。
接種ニーズは、鳥取を上回るペースで感染者の増加が続く島根県内でも高まる。
出雲市では11日に1、2回目の人を対象にした1、2月分の予約枠360人の受け付けを始めたが、午前中で全て埋まった。
急きょ出雲徳洲会病院の協力で、504人分の予約を25日から受け付ける。市接種実施本部の川上寿事務局次長は「すぐに埋まるとは考えもしなかった」と驚く。
https://www.sanin-chuo.co.jp/articles/-/153368
1、2回目の人を対象とした夜間会場でワクチン接種を受ける市民=米子市糀町1丁目、鳥取県西部総合事務所

(出典 www.sanin-chuo.co.jp)


【【山陰両県】ワクチン未接種者の接種希望増える・・・「さすがに周りに未接種だとは言いづらくなった」】の続きを読む

20220121-OYT1I50146-1
ワクチン3回目接種後2人死亡
1 生玉子 ★ :2022/01/22(土) 07:10:40.68

 厚生労働省の専門部会は新型コロナウイルスの3回目のワクチン接種後に男女2人が死亡したと発表しました。死亡したのは70歳の男性と57歳の女性で3回目のワクチン接種後の死亡例は初めてです。
 男性はモデルナのワクチンを接種、女性はファイザーのワクチンを接種していたということです。ワクチン接種と死亡との因果関係について、厚労省の専門部会は「情報不足で評価できない」としていて、今後、詳しく調べる方針です。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4453549.htm


【【コロナ】ワクチン3回目接種後2人死亡、厚労省「関連は評価できない」】の続きを読む

20220121-00000000-jij_graph-000-4-view

小学生過半数が接種希望 保護者は7割超―コロナワクチン

1 影のたけし軍団 ★ :2022/01/21(金) 08:28:47.05

国立成育医療研究センターの調査では、新型コロナウイルスワクチン接種について、小学生の過半数が「すぐに受けたい」と答えている。
家族や友人への感染拡大防止などが理由で、保護者も7割超が子どもへの迅速な接種を求めた。
同センターは昨年9月、デルタ株による第5波流行を受けて調査を実施。小学1年~高校3年の1271人と保護者5807人から回答を得た。
承認が了承された米ファイザー製ワクチンの対象年齢(5~11歳)の大半が該当する小学生では、55%が「接種をすぐに受けたい」と回答した。1~3年生は50%、4~6年生は60%だった。
理由としては「家族や友達にうつしたくない」などが目立った。一方、接種を望まない理由には注射の痛みなどが挙げられた。
保護者では、1~3年生の71%、4~6年生の76%が「すぐに受けさせたい」と答えた。
祖父母に会わせたいなどの理由が挙げられる一方、副反応への懸念から接種に慎重な意見もあった。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022012001063&g=soc#:~:text=%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3


(出典 www.jiji.com)


【【ワクチン】小学生過半数が接種希望「すぐに受けたい」 保護者は7割超】の続きを読む

277c2a9343d3a91f9b57865d87cc2a6f_1
5歳から11歳のファイザー社新型コロナワクチンの特例承認を了承
1 マスク着用のお願い ★ :2022/01/20(木) 19:00:01.74

https://twitter.com/tv_asahi_news/status/1484103116211449857?s=21

【速報】5歳から11歳のファイザー社新型コロナワクチンの特例承認を了承 厚労省審議会
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


【【速報】5歳から11歳のファイザー社新型コロナワクチンの特例承認を了承 厚労省審議会】の続きを読む

000240860_640

1日の感染者数『最多9万人超』ニューヨーク州 現地日本人医師語る…コロナとの闘い

1 影のたけし軍団 ★ :2022/01/19(水) 10:35:52.04

新型コロナウイルスの1日の新規感染者数が9万人を超えた、アメリカ・ニューヨーク州。現地で働く日本人医師に、ニューヨークにおける感染状況について話を聞きました。
ニューヨーク市で最大の新型コロナウイルスの入院患者を抱える「マウントサイナイ医科大学」で勤務する山田悠史医師、内科医としてコロナ患者の治療も担当しています。
ニューヨーク市の新型コロナの新規感染者数は年末年始にかけて急増、ニューヨーク州全体では1月上旬に1日の新規感染者数が9万人を超えて過去最多になりました。
しかし1月13日には1日の新規感染者数が5万人を下回りました。その理由の1つが“オミクロン株”の「潜伏期間の短さ」にあったと山田医師は分析しています。

(山田悠史医師)
「潜伏期間が短くなったということは、感染してから症状が出るまでの時間が短いので、感染が広げにくくなった。
レストランの閉店なども相次ぎましたので、そういったことが影響して人と人との交流が減ったという部分もあるかもしれません」
ニューヨーク市ではロックダウンなどの対応は取られませんでしたが、生活は大きく変わったといいます。

(山田悠史医師)
「地下鉄の本数が減って、レストランが閉店したり、スタッフが確保できなくなったことが原因でした。
本当に感染が広がりすぎてしまえば、そもそも経済活動は継続できなくなってしまうんだなということが本当に肌で感じられるような状況だった」
感染者が増えたことで様々な場所で深刻な人手不足に。山田医師の勤める病院でも同じでした。

(山田悠史医師)
「医療スタッフの中にも非常に急速に感染が広がりまして、自分自身も年末年始に入院診療を担当していたんですけれども、
医師2人分の患者をカバーする状況になっていました」
重症化しにくいと言われているオミクロン株ですが、これまでの『闘い』との違いについて、山田医師は次のように話しています。

(山田悠史医師)
「しっかりワクチン接種を受けている方にとってはそれほど怖い感染ではなくなったかなと。
一方でやはり重症化する方というのは確実にいらっしゃいます。持病である喘息などの症状が悪化して入院される方もたくさんいらっしゃいますので、
やはり警戒はしなくてはいけないと思います」
一方、治療をする中で改めて感じたのは新型コロナワクチンの「3回目接種」の重要性だといいます。

(山田悠史医師)
「2回接種を終えていて、入院する患者さんを非常に多く経験したんですけれども、3回接種後に入院をしなければならなかったという方はほぼゼロだったと思います。
重症化リスクのある方持病のある方たちにとってブースター(3回目)接種は非常に重要だと強く感じました」
https://www.mbs.jp/news/kansainews/20220119/GE00042048.shtml#:~:text=%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3


【【オミクロン株】NY州・日本人医師語る、しっかりワクチン接種を受けている方にとってはそれほど怖い感染ではなくなった】の続きを読む

このページのトップヘ