テニス


ジョコビッチ、全豪Vだった場合の賞金など4億円超の賠償求め豪州政府を提訴へ 「不当な扱いを受けた」

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/20(木) 14:09:43.63

 オーストラリアへの入国ビザ(査証)が適正でないとして再び取り消され、国外退去となった男子テニスの世界ランキング1位、ノバク・ジョコビッチ(34)=セルビア=が「不当な扱いを受けた」とし、320万ユーロ(約4億1600万円)の損害賠償を求めて豪政府を提訴する準備を進めている。19日の英紙サン(電子版)などが報じた。
 賠償金には、現在開催中の全豪オープンで10度目の優勝を果たしていた場合の賞金287万5000ドル(3億2800万円)や、今回の異議申し立てなどにかかった推定50万ドル(5700万円)の裁判費用も含まれているもよう。
 同紙によれば、ジョコビッチのアルトラディ代理人に近い情報筋は「ノバクと家族が、メルボルンの隔離ホテルでひどい扱いを受けたことは広く知られている。彼の母は『ノミやうじ虫の巣窟だった』と暴露した。事実上の罪人として拘束されていたんだ」と語った。
 ジョコビッチは5日、豪メルボルン空港で入国を拒否され、メルボルンの隔離ホテルに滞在。ビザが適正でないとされた理由は「昨年12月にコロナ感染し、免疫獲得を理由に新型コロナウイルスのワクチン接種免除を受けた」との主張が認められなかったため。
 いったん入国拒否は取り消されたが、その後に入国審査書類の虚偽記載や陽性判明後の取材対応などが発覚。豪政府は調査した上でワクチン未接種を確認し、再び入国許可を取り消し。国外退去を命じ、豪連邦裁判所もこの決定を支持した。この間、約1週間のうち半分以上、隔離ホテルで滞在を強いられたという。

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
中日スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/57cb3c7e796bd6af461272b7473ee252d5b02489


【【テニス】ジョコビッチ、全豪Vだった場合の賞金など4億円超の賠償求め豪州政府を提訴へ 「不当な扱いを受けた」】の続きを読む


img_c8ea4b621c9e85702de24e992f48762a335166

「非常にヒステリックな反応」ジョコビッチ強制退去の豪州政府へ

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/18(火) 10:37:24.03

 国際政治学者の三浦瑠麗氏が18日、フジテレビ系「めざまし8」で、プロテニスプレーヤーのノバク・ジョコビッチがオーストラリアから強制退去となったことに、オーストラリア政府に対し「非常にヒステリックな反応」と批判した。
 番組では新型コロナウイルスのワクチンを接種していないジョコビッチのビザが再び取り消され、国外へ強制退去させられた問題を取り上げた。ジョコビッチはこれにより、全豪オープン4連覇は無くなった。
 これに三浦氏は、ジョコビッチは「母国のルールを破っているわけではない」とセルビアの法律に違反しているわけではないと指摘。そして「広く捉えたときに、新型コロナの出口戦略として、どっかでワクチンを接種していない人を含めて社会が包摂しないといけない状況になるわけですけど、それをいつするのかといったら、2022年をおいてないと思っている」とも語った。
 実際に2回ワクチンを打ってもオミクロン株にかかることがあることも指摘し、「誰に迷惑をかけたの?っていったら、2回打ってもかかるんだから、たいして実害はないだろうと入国を認めてもと私は思うし、非常にヒステリックな反応だと、オーストラリア政府に対して思う」との考えも述べていた。
デイリースポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/6be7af99e642ebd0e9b34283d23442718c8a8ac3


【【テニス】三浦瑠麗氏「非常にヒステリックな反応」ジョコビッチ強制退去の豪州政府へ】の続きを読む


ジョコビッチ豪州国外退去 連邦裁判所がビザ取り消しを支持 全豪オープン

1 サザンカ ★ :2022/01/16(日) 16:16:00.94


テニスで、17日に開幕する4大大会、全豪オープン(メルボルン)出場を目指した世界王者のジョコ*(セルビア)が、オーストラリア査証(ビザ)を再度、取り消された問題の審問が16日開かれ、
連邦裁判所は、ホーク移民相が下したビザ取り消しを支持した。
日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/c64617a3615ace0010603af7b16c9beef4c38fcd


【【テニス】ノバク・ジョコビッチ、敗訴 ビザ取り消し 国外退去へ】の続きを読む


1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/14(金) 17:46:04.20

ジョコ* 再び入国ビザ取り消し…連覇狙う全豪OP出場は“絶望的”な状況に
男子テニスの世界ランキング1位ジョコビッチ(AP)
 オーストラリアのアレックス・ホーク移民大臣は14日、男子テニス世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(34=セルビア)の査証(ビザ)を再び取り消したと発表した。新型コロナウイルスワクチンを接種していないジョコ*が「地域社会にリスクをもたらす可能性がある」ため、同国移民法に基づいてビザを取り消したと発表した。
 ジョコビッチは17日開幕の全豪オープン出場のため14日もメルボルンで練習を行ったが、現状では強制送還は免れない見込み。ジョコ*の弁護士は再び裁判所に訴えるとみられるが、全豪オープン開幕までの決着は厳しい見通しで、その間にミオミル・ケツマノ*(22=セルビア)との対戦が決まっている1回戦など試合出場が認められるのかは不明だ。
 ジョコビッチは昨年12月16日に陽性反応が出たことを理由に、オーストラリア入国に義務づけられているワクチン接種の免除を要請し、全豪オープンの主催者とメルボルンがあるビクトリア州の承認を受けて5日に現地到着。しかし、接種免除に必要な証明を示さなかったとして国境警備隊にビザを取り消され、隔離ホテルに収容された。弁護士が巡回裁判所へ訴えた末に、取り消し手続きの不備が認められてビザの“復活”に成功していた。
 その後、昨年12月18日にコロナ陽性の結果を知りながら、仏紙レキップの取材を受けていたことや、年末にスペインへ旅行していたにも関わらずオーストラリアへの入国書類に事実と異なる記載をしていたことが判明。ジョコ*は取材について「受けたのは誤りだった」、書類に関しては「スタッフのミス」と弁解したが、それまで支援を表明していたセルビアのアナ・ブルナ*首相が行動を批判するなど、オーストラリア以外での逆風も強まっていた。

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/fe5d71533c8e2c0b9c7ff72ca6c4233bb807e3f1


【【テニス】ジョコビッチ、再び入国ビザ取り消し…連覇狙う全豪OP出場は“絶望的”な状況に】の続きを読む


錦織圭&大坂なおみ 日清食品が契約更新せず「マーケティング戦略をテニスからバスケへ」

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/27(月) 17:43:00.60

 日本テニス協会は27日、男子テニスの錦織圭(31)と綿貫陽介(23)、女子テニスの大坂なおみ(24)の所属先が来年1月1日に「日清食品」から「フリー」に変更されると発表した。
 日本のテニス界を引っ張る男女エースが揃ってフリーとなった。錦織は2012年、大坂は16年に日清食品と所属スポンサー契約を締結。看板商品でもあるカップヌードルの広告塔になるなど蜜月関係にあったが、同社は契約を更新しない決定を下した。
 日清食品の広報によると「錦織選手と大坂選手に関しては12月、綿貫選手は10月に契約満了です」として打ち切りを否定。更新しない理由については「スポーツマーケティング戦略の変更です。これまで弊社はテニスを中心にマーケティングしていました。今年、世界的な大会の東京五輪が終わったことで区切りをつけ、今後はバスケットボールに軸足を移していく方針です」と話し、業績悪化などによる理由でないことを明かした。
 同社は2019年に米プロバスケットボールNBAウィザーズの八村塁とグローバルスポンサー契約を締結。今後は高校生の大会のスポンサーなど幅広く手掛けていくという。
 錦織と大坂は来年以降、新たな所属スポンサーを模索。関係者によると「見つかるまではフリーとして活動する」という。

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
東スポWeb
https://news.yahoo.co.jp/articles/881075aab03dd8afaf6e65fec3033347f0a09302


【【テニス】錦織圭&大坂なおみ 日清食品が契約更新せず「マーケティング戦略をテニスからバスケへ」】の続きを読む

このページのトップヘ