経済

20220121-OYT1I50035-1

まん延防止「またか」…飲食店主「協力金でもうけているとバッシング、つらい」

1 影のたけし軍団 ★ :2022/01/21(金) 10:46:53.93

四日市の居酒屋を経営する女性(47)も、「正直言って、『またか』という感じだ。
要請に応じた飲食店には協力金が出るため、『協力金でもうけている』と見られ、ネット上などでの飲食業界へのバッシングがひどく、つらい」と表情を曇らせた。
同店は昨年9月末までの緊急事態宣言の際は、認証を受けておらず、午後8時閉店を余儀なくされた。
同11月に認証を取得したが、女性は「非認証店への時短要請は理解できるが、感染対策を取った店に認証が与えられているので、
そもそも認証店への時短要請の必要はないのではないか」と語った。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20220121-OYT1T50126/2/


【【飲食店主】店には協力金が出るため、協力金でもうけていると見られ、ネット上などでの飲食業界へのバッシングがひどく、つらい】の続きを読む


吉村知事「おそらく明日3府県でまん延防止を要請」大阪・兵庫・京都の共同で要請見込み

1 どどん ★ :2022/01/20(木) 14:37:02.40

 大阪、京都、兵庫の3府県が今週中にも国に対し「まん延防止等重点措置」の適用を要請する見込みとなりました。
 大阪府の吉村知事は1月20日の記者会見で、この日の新規感染者数が6000人前後になる見込みであるとした上で、病床使用率がアップする可能性が高まったことなどから、大阪府として国に対して「まん延防止等重点措置」の要請をする方針を固めたことを明らかにしました。1月20日に府の対策本部会議を開き最終的に決定します。
 大阪府では前日19日に過去最多6101人の新規感染が確認されています。
 1月19日に行われた京都府の西脇知事、兵庫県の斎藤知事とのオンライン協議では、いずれかの府県が「まん延防止等重点措置」を要請する場合には、3府県共同で要請を行うことで合意していました。
 兵庫県の斎藤知事も1月19日の時点で「今週中には要請の判断をする時期にくる」とコメントしていました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/310c33af4a7114f3df9e9421fbc2498ac7a2f05b


【【速報】吉村知事「明日3府県でまん延防止を要請」大阪・兵庫・京都】の続きを読む


小池都知事、危機感あらわ「社会が止まる事態も」 飲食店に再び時短要請
1 蚤の市 ★ :2022/01/20(木) 06:44:59.02

 「誰もが感染する恐れがあり、社会が止まる事態も招きかねない」。新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」が拡大する中、東京都の小池百合子知事は19日、危機感を強調し、再び飲食店への時短要請を打ち出した。これに対し、飲食店からは「つらい」「どこまで効果があるのか」などと落胆の声も漏れた。(土門哲雄、西川正志)
 「何度も何度も長きにわたって負担を掛けてきた。誠に心苦しい限りだが、今一度協力をお願いしたい」
 飲食店への対応を発表した小池知事はこう話し、理解を求めた。都は昨年10月25日から約3カ月をへて、飲食店に時短を求めることになる。
 「感染を止める。社会は止めない」と繰り返してきた小池知事。この日は「感染経路は『家庭内』と並んで『会食』が多い」と指摘。人と人との接触を減らすために、時短要請は必要な措置だと訴えた。
 都は、国の「ワクチン・検査パッケージ」とは別に、認証店で5人以上が入店する会食の際、ワクチン接種歴をスマートフォンで証明する制度「TOKYOワクション」の活用を呼び掛けてきた。だが、新規感染者が過去最多の7377人となった19日も、ワクチンを2回接種した人への「ブレークスルー感染」は半数近くを占めている。
 このため、ワクションの活用を一時停止。今後は5人以上の会食の際は、客にあらかじめ、検査をしてもらい、店側は入店時に全員の陰性を確認することが求められる。検査結果の有効期限は、PCR検査なら3日、抗原検査なら1日だ。
 飲食店への厳しい措置について問われた小池知事は「全員が陰性であるという証明ができれば(5人以上の会食も)『よし』として、配慮した」と説明した。
◆「仕方ない」「多少効果」…飲食店は再び苦境に
 多くの飲食店がひしめく東京・新橋でバー「瑞藻みづも」を営む渡辺みづほさんは「(時短要請は)仕方ない。諦めの気持ち」と肩を落とす。二次会で利用する客が大半で、かき入れ時は夜9時以降なのに、それまでに店を閉めなければならず、「生*状態。つらい」。小池百合子知事の「感染は止める。社会は止めない」との発言に「言っていることと現状は違う。オミクロン株の感染力の強さは感染拡大前から指摘されていた。水際対策が甘かったんじゃないか」と憤る。
 居酒屋「ラッキー屋」の店長隋金龍ずいきんりゅうさん(33)は「(重点措置で)経済活動は鈍るが、これだけ感染拡大すると仕方ない」と話す。酒類の提供の有無など飲食店側がとる対策方法で協力金に差があることで「提供しないと言って裏でこっそり提供する店だってあるはず」と指摘。「客は酒を提供する店に流れてしまう。統一するべきだ」と話す。
 一方、居酒屋「橙だいだい」の店主麻生大輔さん(56)は「酒の提供禁止は休業に等しい。対策の選択肢があるのはいいことだし、経済も少しは回るはず」と話す。ただ、重点措置が感染拡大の歯止めになるかについては「多少効果がある程度では。やらないよりはやった方がいいと思うが…」と懐疑的だった。
東京新聞
https://www.tokyo-np.co.jp/article/155201


【【経済停滞】小池都知事、危機感あらわ「社会が止まる事態も」 飲食店に再び時短要請】の続きを読む

9

小池知事、都民に外出自粛呼びかけ 4カ月ぶりに行動制限要請

1 影のたけし軍団 ★ :2022/01/19(水) 20:49:37.50

新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」が21日から2月13日まで都内に適用され、
約4カ月ぶりに飲食店の時短営業などの行動制限が要請されることになった。
小池百合子知事は19日、「誰もが感染するリスクがある。都民、事業者、行政が一体となって危機感を共有し感染を抑え込む」と述べ、
不要不急の外出や都道府県をまたぐ移動を自粛するよう呼びかけた。
https://mainichi.jp/articles/20220119/k00/00m/040/319000c


【【小池知事】都民に外出自粛呼びかけ 「誰もが感染するリスクがある」】の続きを読む


経済成長はアベノミクスしかない!岸田さんはこれを変えるべきではない!
1 スペル魔 ★ :2022/01/19(水) 18:28:28.56

分かりにくい「新しい資本主義」
 岸田さんは「成長と分配の好循環を目指す」としていますが、そもそも分配には原資が必要で、そのためには成長しないといけません。政府として経済成長に対する強い意志を示し、成長に向けてどういった政策を行っていくのかというプランを提示していく必要があると思います。
 マクロ政策としては、経済を成長させるためには私の政権で進めてきた経済政策である「アベノミクス」以外にないと思います。大胆な金融政策、機動的な財政支出、そして規制緩和などを通じた成長戦略で経済を成長させていく。料理そのものを変えるというより味付けをどうするのかということなのかもしれませんが、岸田さんはこの基本軸を変えるべきではありません。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00423/011700001/


【【継続は力なり】安倍晋三、経済成長はアベノミクスしかない!岸田さんはこれを変えるべきではない!】の続きを読む

このページのトップヘ