国際

kawai2-1024x768

ムスリム土葬墓地問題 イスラム教の葬儀とは

1 樽悶 ★ :2022/01/22(土) 20:17:14.89

イスラム教の土葬墓地を大分県日出町に作る計画を巡って、地元で賛否が分かれるなか、今月に入り、大分県出身のイスラム教徒の男性が亡くなりました。計画地近くの墓地を間借りして行われた男性の土葬の葬儀に密着しました。
「こちらが土葬するために掘り返した穴です。深さは2メートルですが数字以上に深さを感じます」(田辺記者)
大分県日出町南畑にある大分トラピスト修道院。この日の前日に、県内で亡くなった男性を弔うため、多くのイスラム教徒が集まりました。
亡くなった男性(57)は大分県出身の日本人でイスラム名・ヤシンさん。10年ほど前にマレーシアでイスラム教に改宗しました。余命3か月の末期がんを告知された後に別府ムスリム教会に連絡し、「土葬で送ってほしい」と訴えていました。
「彼はもうすぐ亡くなることをちゃんとわかっていたがそれでもとてもリラックスしていた。全然心配していなかった」(別府ムスリム教会 カーン・ムハマド・タヒル・アバス代表)
参列者は遺体を埋葬するときお祈りのような言葉を口にしています。その意味とはー。
「『ラーイラーハイッラッラー』アッラー以外は神様はいない 最後の言葉で言うとすごくいいことです」(別府ムスリム教会 カーン・ムハマド・タヒル・アバス代表)
遺族や友人のほかに、駆けつけたほとんどの人がヤシンさんと面識がありません。イスラム教ではコミュニティーの繋がりが強くたくさんの人たちが協力して、葬儀を執り行うのです。
「見ず知らずの人が魂の友達ということですごくハートフルな葬式だと感じました。土葬の葬式はやっぱり宗教的なものでその人達の考え方や思いがあるでしょうからぼくはいいんじゃないかな」(ヤシンさんの友人)
「午前9時半に遺体をとりにいって拭き上げて葬式を終えると6・7時間でしょ。1000キロ離れたところだとさらに大変。大分県なら大分県に1個墓があるほうがいい」(ザファー・サイードさん)
別府ムスリム教会は2018年から大分県日出町南畑で100人分の遺体を埋葬する土葬墓地を計画し、町と事前協議を続けています。計画地のおよそ1.2キロ先に水源地があるため、地元・高平区の住民が反対。計画地から少し離れた町有地を代替案として、町も調整を進めています。ただ、この代替地もおよそ500メートル先に別の水源地があり、2キロ下流にある大分県杵築市山香町の久木野尾ダムへの影響を懸念する声があります。ダムの近くにある下切区の住民は。
「まさか自分のところに来るとは 人数とかいろいろ情報がないのでどれくらいの土葬するのか全然わからないし」(住民)
大分県日出町は代替地が決まれば大分県杵築市を通して計画内容を説明する方針です。大分県内にはイスラム教の墓地がないため、ヤシンさんは宗教の違うカトリックの墓地に埋葬されました。別府ムスリム教会のカーン代表は3年以上経っても葬儀すら満足に行うことができない現状にもどかしさを隠せません。
「イスラム教の人たちはフランス・アメリカ・イギリスどこでも今住んでいます。みんな土葬で埋葬しています。本当はきょうできても遅いですよ。できるだけ早く墓地がほしい」(別府ムスリム教会 カーン・ムハマド・タヒル・アバス代表)
https://news.yahoo.co.jp/articles/705928f5daa92a3094248affc0128ed3e31f751f

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1642846951/


【【大分】「アッラー以外は神様はいない」 ムスリム土葬墓地問題、イスラム教の葬儀とは カーン代表「できるだけ早く墓地がほしい」】の続きを読む

img_af3d86c23d59bb30620d120ee1939baf317672

IMF危機の恩を仇で返した韓国に、日本は手を差し伸べるべきか

1 昆虫図鑑 ★ :2022/01/22(土) 10:29:13.82

(略)
現在の韓国は、中国、トルコ、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、スイス、アラブ首長国連邦(UAE)、カナダと通貨スワップを締結した状態だが、ドル貨幣の契約は一つもない。すべて「ウォン貨対現地貨」契約で、非常時に何の助けにもならない。
1997年の経済危機が再現される可能性
 現在の韓国の外貨準備高は2022年1月現在で約4630億ドルだが、これでは十分とは言えない。なぜなら、2020年3月、韓国の外貨準備高が4500億ドル水準であったのにもかかわらず、ウォン相場が暴落し、危機に陥ったためだ。国際決済銀行(BIS)は、韓国の適正外貨準備高を8000億ドル水準としており、現在でも3000億ドル以上不足した状態である。
 米国は今後、数回、金利を引き上げる計画だ。米国の金利引き上げは韓国内の外国資金(ドル)の流出を招き、ウォン相場を下落させる可能性が高い。米国の金利引き上げが、韓国の金融危機を招く可能性があるということだ。ウォンの下落を防ぐために、韓国は積極的に金利を引き上げなければならない。
 そうなると、さらに大きな問題が発生する可能性がある。韓国の家計債務の対GDP比が、世界最高水準であるためだ。
2021年11月、国際金融協会(IIF)が発表した「世界負債報告書」によれば、2021年6月末を基準として、家計債務比率がGDPを超過する国家は、韓国が104.2%で唯一だった。米国79.2%、日本63.9%、ユーロ地域61.5%、中国60.5%など、主要国は債務比率が比較的良好な水準である。
韓国の経済が外部衝撃に脆弱だということは、対GDP比の貿易依存度(輸出額+輸入額)が65%(2020年基準)にもなるという点からも分かる。内需の大きい日本の場合、貿易依存度は25%にしか過ぎない。
 家計債務比率が高い状態で金利引き上げが断行されれば、衝撃は大きくならざるを得ない。個人消費の減退が、他国よりはるかにひどく起こることだろう。金利引き上げに伴って、不動産価格が他国より急激に下落する可能性もある。
 このような消費萎縮と不動産価格の下落が起きている最中に、ウォンが下落することになれば、韓国は本格的な「ドル流出」という事態に陥る可能性を排除することはできない。
 そうなると韓国は、1997年の外国為替危機が再現される可能性がある。1997年に、米国は韓国を冷遇した。もし今日の韓国が外国為替危機に直面すれば、現在の雰囲気から、米国は韓国を再び冷遇するだろう。
結論的に、「最悪の日韓関係」「先進国という自負」「米国から敬遠」という3点が、1997年当時の韓国と今日の韓国に、明確に見出される共通点だと言える。
 1997年に危機に陥った韓国は、幸いにもIMFから支援を受けて再起に成功した。果たして、今日の韓国にもう一度、その時のような危機が訪れたら、IMFからの支援を受けることができるのだろうか。
次の危機時に日本と米国は手を差し伸べるか?
 1997年、韓国の裏切り行為に激怒した米財務長官や商務長官は、韓国に対する資金支援を準備した大統領と国務長官などの計画を無にした。当時、それでも怒りが収まらなかった一部の人々は、「IMFが韓国を支援することも、防がなければならない」という強硬な考えを持っていた。今日の韓国が危機の時に、IMFからの支援を100%得ることができるというのは、誰一人言い切れない。
 1997年、IMFが用意した韓国に対する金融支援は破格だった。当時のIMF歴代最高金額である570億ドルが、韓国のために編成された。この中の210億ドルをIMFが、100億ドルを日本が拠出した。米国は50億ドル、ADB(アジア開発銀行)は40億ドル、その他の先進国および国際金融機関が170億ドルを拠出する計画だった。
 日本は、金融危機に陥った韓国に対して相当な金額を支援した。米国も、2008年と2020年にウォンが暴落した時に韓国に対して、通貨スワップを提供した。
 このように大きく助けてもらった日本と米国に対する、今日の韓国の姿はどうなのだろうか。まさに「恩知らず」そのものだ。
今後、1997年と同様の危機が韓国に再び訪れた場合、韓国は日本と米国から助けを期待するのは難しいだろう。今後の金融危機時、韓国は事実上、孤立無援の状態になる可能性が濃厚であるということだ。
 このような意味で、今後韓国が米国や日本の支援が切れた状態(Naked)で、米国の金利引き上げなど外部の悪材料に対応し、果たして自らの能力だけで、ウォン/ドル為替レートを1200ウォン以下の水準に維持できるのかどうか。これは、重要なポイントになるだろう。(終わり)
(ファンドビルダー)
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/68545
前スレ
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1642808168/


【IMF危機の恩を仇で返した韓国に、日本は手を差し伸べるべきか】の続きを読む

img_6b9c9a3d840d95420512cc8eeafb332685446

勢いづく反ワクチン派 1・22&23に「世界同時デモ」警察と公安も注目

1 七波羅探題 ★ :2022/01/21(金) 07:27:58.33

反ワクチン派が活気づいている。国内で新たに確認された新型コロナウイルスの感染者が19日、4万1487人と初めて4万人を超え、2日連続で過去最多を更新した。政府は東京など13都県で「まん延防止等重点措置」の追加適用を決めたが、感染の「第6波」は爆発的な広がりを見せ、どこまで増えるか見通せない状況になってきた。そんな中、22、23日に反ワクチン派の世界同時デモが予定されており、関係者を震撼させている。
19日の新規感染者は都道府県別では東京7377人、大阪6101人、愛知2881人、兵庫2514人など、28都道府県で過去最多を更新した。
政府は同日、新型コロナウイルス感染症対策本部の会合を開き、首都圏など13都県にコロナ対応の「まん延防止等重点措置」の適用を決定。追加で対象となるのは東京、埼玉、千葉、神奈川の首都圏4都県と、群馬、新潟、岐阜、愛知、三重、香川、長崎、熊本、宮崎の9県。期間は21日から2月13日まで。既に適用中の広島、山口、沖縄と合わせ、対象は16都県に広がる。
感染しやすいオミクロン株が猛威を振るっているとされ、感染拡大のスピードが速い。この状況に活気づいているのが反ワクチン派だ。
19日の東京の新規感染者のうち、ワクチンを2回接種していた人は3408人、1回35人、接種なし1836人、不明2098人だった。
ワクチン接種に疑問を持つ男性会社員は「ワクチンを2回打ってもこんなに感染するのだから、反ワクチン派は『自分たちが正しかった』と盛り上がるでしょう」と指摘した。
そんな反ワクチン派は22、23日にデモを行うと告知している。世界同時デモだという。反ワクチンは日本だけのものではない。フランスでは反ワクチンデモに約10万人が参加したとニュースになったばかり。ドイツでも反ワクチン派が活動中だ。
この動きに頭を悩ませているのが政治や行政の関係者だ。都民ファーストの会の尾島紘平都議はこれまでにもツイッターを通じて懸念を表明してきた。
「ワクチンを打たない権利やマスクをしない権利はあってもいいが、『ワクチンを打つな』『マスクはするな』と他の人にまで強制はしてほしくない。反ワクチン派の活動は『コロナウイルスは存在しない』などデマも含まれており、公衆衛生に害を及ぼしかねない」と指摘した。
前述したようにワクチンを2回接種しても感染するのなら、「3回目はいいや」と考える人が増えることも想定される。判断に迷う人たちにどう接種を促していこうというのか。
「確かにオミクロン株にはワクチンが効いていないとされています。しかし、どういう人が重症化するかを調べるとワクチンを打っていない人が重症化している。そもそもワクチンは感染しないため、させないために打つのではなく、重症化しないために打つもの。そのために『3回目も必要なんだ』と強く訴えていきたい」(尾島氏)
反ワクチン派の活動は警察や公安も注目しているという。もっとも、対策は難しい。「さまざまな検討を重ねてきましたが、デモを止めることはできません。『デモに近づかないように』と繰り返し訴えていくしかありません」(同)と注意喚起するしかないという。
22、23日は日本全国の都市で反ワクチンのデモが行われる予定となっている。繁華街へは出掛けない方が無難かもしれない。
東京スポーツ
https://www.tokyo-sports.co.jp/social/3939317/


【【新型コロナ】勢いづく反ワクチン派 1・22&23に「世界同時デモ」警察と公安も注目】の続きを読む


地方財政は完全に破綻…中国経済が「崩壊過程」に入ったと言えるこれだけの理由

1 ヨーロッパオオヤマネコ(SB-iPhone) [FR] :2022/01/20(木) 10:04:28.54

土地利用権の売却収入に依存する地方財政
 不動産バブルの崩壊により、中国では地方財政の悪化が急加速している。
 中国の地方政府はこれまで、土地利用権の売却収入に大きく依存する財政運営を行なってきた。この売却収入が地方政府の財政に占めるウェイトは、日本人が想像するものを遥かに凌駕している。
 中国にある44の主要都市の「土地財政依頼度ランキング」というものが発表されている。土地財政依頼度というのは、その都市の一般的な収入(税収など)に対して土地利用権の売却益がどのくらいになるかという割合を示すものだ。
 例えば税収などの一般的な収入が100あるところで土地利用権の売却益が50あるなら、土地財政依頼度は50%と表示される。全体収入(150)に対して土地利用権の売却益(50)がどれだけ占めるかというものではなく、一般的な収入(100)に対して土地利用権の売却益(50)がどれだけに相当するかという割合で表現しているというところを理解してもらいたい。
 2020年にこの土地財政依頼度が最も高い都市は広東省にある仏山市(人口約600万人)で、その土地財政依頼度は180%に達している。
 こういう話を持ち出すと、私が極めて極端な一例を取り上げているだけだと思うかもしれないが、主要44都市の中で土地財政依頼度が100%を超えているのは20都市であり、ほぼ半数に達しているというのが実態だ。
現代ビジネス
https://news.yahoo.co.jp/articles/4216e2f1227610946ef3aa816c008aed2bc9a114


【【悲報】中国経済、崩壊へ 地方財政は完全に破綻】の続きを読む


1 影のたけし軍団 ★ :2022/01/19(水) 23:10:42.59

ジョンソン英首相は19日、新型コロナウイルスの新変異株オミクロン株の感染ピークが過ぎたとして、公共交通機関や学校でのマスク着用義務などを廃止すると表明した。規制をほぼ撤廃することになる。
https://nordot.app/856528769327218688?c=39546741839462401


【【イギリス】コロナ規制をほぼ撤廃へ】の続きを読む

このページのトップヘ